税理士★日記

2012年6月12日 火曜日

法人成り!

税理士の三沢です!

今回のテーマは、ズバリ法人成り!
個人事業主の方、又はこれから企業を考えている方
法人にしたほうがいいよ!とか個人と法人どちらが有利?等
よく耳にするかもしれませんが、実際はどうなのでしょうか?

今日は法人成りのメリット・デメリットを書いてみます。

メリット
①給与所得控除が使える
 個人事業主さんが法人成りをすると役員になります。
 今までは、比較的自由に事業のお金と家事のお金をごっちゃにできましたが
 法人になると役員報酬という給与を会社からもらう立場になります。
 つまり同じ儲けでも、事業としてより給与としてもらうほうが所得が圧縮できます。
 ズバリ税金が安くなる!! これが給与所得控除のメリットです!

②消費税免税
 資本金や役員報酬等の金額によりますが、最高で2年間は消費税が免税となります。
 今、個人事業で消費税を納めている方、最大2年間免税は大きいですよ!

③生命保険
 個人で生命保険をかけても生命保険控除は最大12万円しか所得控除ができません。
 しかし、法人契約の場合は、保険の種類にもよりますが掛け金のすべてが経費!

④事業主に退職金
 法人の場合、事業を引継いで退職した場合、退職金を支給できます!

⑤決算時期の選択が可能になります。
 個人は1月~12月ですが、法人は選択が可能!また、途中変更も理由があれば
 可能です。今期の事業年度は8カ月なども可能です!

⑥親族の役員就任や福利厚生等の活用などなど、メリットはかなり多いです!

ではデメリット
①儲かっても儲からなくても最低限の税金(1年で最低7万円)が発生

②経理等が複雑になる可能性があります。

③専門家(税理士等)への報酬が増加 (そんなには増えません!!)

④社会保険強制加入(むしろメリットかもしれません!!)

など・・・・・

この場では、はっきりとは言えないですが、ある程度の儲けがある場合
また見込める場合は法人成りがお得と言えます!

法人成りシミュレーションもできますので(もちろん無料!!)

お悩みの方はご相談ください!!(勝又指名でもOKですよ!)



投稿者 税理士法人 K&K Japan