お役立ちブログ

2012年10月17日 水曜日

今月から施行されている著作権の改正って?

山田(光)です。

既に施行されていますが、内容をどこまで理解していますか?
皆さんが主に関係すると思われるのは、以下の2つになると思います。

有償で販売されている音楽・動画・ゲーム等がインターネット上で違法に配信されている場合、違法と知った上でダウンロードする行為に対して、2年以下の懲役または200万以下の罰金またはその両方が科されることとなりました。

次にDVD等で不正コピーを防ぐために施された「技術的保護手段」を回避したコピー行為について違法となりました。

どういうことかというと、違法にアップロードされてものと知っていてダウンロードするのは違法。でも、YouTube等の動画投稿サイトの閲覧は、キャッシュが作られるがこれは違法ではありません。また、友人から送られたメールに添付されていた違法複製ファイルのダウンロードも違法ではありません。画像ファイルのダウンロードも対象外になります。権利者から告訴が無ければ起訴されない親告罪とされています。

技術的保護手段については、私的使用の為でも違法扱いになりますが、罰則は設けられていません。今後罰則が設けられる可能性はあるでしょう。

自分を守るには、何が良くて何が悪いかをきちんと把握しておきましょう。後でとんでもないことになるかもしれません。文化庁の著作権制度の解説資料にQ&Aがありますので、参考にしてください。



投稿者 税理士法人 K&K Japan