お役立ちブログ

2012年10月29日 月曜日

特例有限会社のメリット

こんにちは!
初めて書かせていただきます。須藤です。

先日、当税理士法人の関与先で株式会社への組織変更を検討している特例有限会社がありました。
株式会社に変更することで会社の信用力を高めたかったからだそうです。
有限会社とは会社法施行前に認められていた会社組織です。その後有限会社法は廃止されましたが、以前より有限会社だった会社は特例として、そのまま以前の制度が適用される形での会社の存続が認められました。今後、新たに有限会社を新設することはできません。

有限会社の主なメリットは下記のとおりです。
・ 役員の任期に制限がない
 株式会社の任期は最長で10年です。役員に変更があまり生じないような場合、株式会社だと任期を迎えるたびに、登記費用と手間がかかります。
・ 決算公告義務がない
株式会社は決算の都度、決算諸表を公告しなければならないことになっています。

有限会社のままでいた方がお得な場合もありますので、よく検討しましょう。

投稿者 税理士法人 K&K Japan