お役立ちブログ

2012年10月26日 金曜日

節税対策に福利厚生の充実を検討しませんか?

初めまして。
監査2課の寺内です。

会社の業績が好調で、利益が生じた場合、何か有益な節税対策がないか
お困りになったことはありませんか?

今回は、その対策の一つとして、中小企業退職金制度をご紹介します。

【とある中小企業の社長との会話より】

  社長「今年は、○○商品が大ヒットして、従業員を増やしたのだが、
        その従業員に対して有益な福利厚生は無いか?」

  弊社「ございます。中小企業退職金制度(中退共制度)というものがあります。」

  社長「中退共制度か。どんな制度なんだ?」

  弊社「中退共制度とは、事業主が独立行政法人 勤労者退職金共済機構
           と退職金共済契約を締結し、中小企業の従業員の退職金を
          会社に代わって支払ってくれる制度です。
          国が、従業員の退職金を管理しますので安全かつ確実です。」

  社長「それは、便利な制度だね。もう少し詳細を教えてくれないか?」

  弊社「では、中退共制度のメリットをご紹介致します。」
     ①掛金月額の選択が16種類の中から可能です。
       5,000円~30,000円までの中から従業員ごとに選択することが
             可能です。
       また、パート従業員も加入が可能です。
     ②掛金の一部について国から助成が受けられます。
       新規加入については、掛金月額の1/2(従業員ごとに上限5,000円)を
       加入後4カ月目から1年間、助成が受けられます。
       増額した場合については、増額分の1/3を増額した月から1年間、
             助成します。
      ※ただし、18,000円以下の掛金を増額する場合に限ります。
     ③支払う掛金は必要経費又は損金になります。
       税法上、必要経費として認められますので、節税対策に有効です。
             また、掛金につきましては、1年分をまとめて支払うことも可能です。
       この場合、月額で支払うよりも掛金が割安になります。
     ④掛金の管理が簡単です。
             支払いは口座振替ですので、手間がかかりません。
             また、毎年、従業員ごとの納付状況や退職金試算額を
             お知らせしてくれます。
     ⑤退職金の支払いは直接退職者へ。
       中退共から直接、退職者に支払われます。
       また、本人の希望により分割して受け取ることができます。
     ⑥中退共と提携しているホテル、レジャー施設等を割引料金で
             利用可能です。
       加入者については、ホテルは、3%~45%、
       レジャー施設等は、3%~50%の割引料金で利用が可能です。

  社長「とても素晴らしい制度じゃないか。今すぐにでも加入しよう。」
  
  弊社「お待ち下さい、社長。ところが、デメリットもありますので、
           その事もお聞きになってから検討してみて下さい」
      ①役員の方は加入できません。
       ※ただし、使用人兼務役員の方は、加入できます。
      ②加入期間が、短期間の場合には、支払った掛金よりも多くの退職金を
         受取ることができません。(3年7ヶ月以上の加入期間が必要です)
      ③退職事由に関わらず、退職金が支払われます。
        ※懲戒解雇の場合でも支払われます。

  社長「分かった。制度の特徴を考慮して、加入するか検討するよ。」

  弊社「何かご不明な点がありましたら、いつでもご相談下さい。」
      
     
     今回、中退共制度の概要について、簡潔にご紹介させて頂きました。
     従業員の方々への退職金準備資金の確保及び節税対策として
     検討してみてはいかがでしょうか?

   詳細につきましては、中退共HP http://chutaikyo.taisyokukin.go.jp/index.html
     をご覧下さい。


投稿者 税理士法人 K&K Japan