税理士★日記

2013年6月20日 木曜日

ミセスのパワー

「........世はアベノミクスに湧いている。経済政策のほかにも、第2次安倍内閣の打ち出す政策には興味深いものが多い。育児休暇3年などの概要を見るだけでも、安倍政権は若い女性に注目し、彼女たちの力で日本を活性化しようと、考えていることがわかる。

 しかし、このアベノミクス型女性支援策には、ひとつ見落としている、大きく残念な視点がある。支援策が「対象外」としているミセスたちの旺盛な消費パワーだ。彼女たちにもっといい気分になってお金を使ってもらい経済に貢献してもらえないだろうか....」


日経ビジネスオンラインの慶応大上山ゼミの経営戦略 からの引用です。

最近弊社では、お客様からの経営革新等補助金のお問合せがとても増えていて、イノベーションの参考にもなります。

この記事の中で興味深かったのは、美容市場の分析です。

rouge首から上が3.5兆円市場、そして首から下が8.5兆円市場である。女性の平均頭身が6.8であることを考慮すると、ビジネスチャンスは顔と頭に偏っている。

wine化粧品の一式単価は約2万7700円と高い。しかし、それで3カ月間使えるとなると、1日あたりは307円となる。これは、お酒の300円/日、タバコの460円/日と同等である。ちなみに美容院は253円/日で酒やタバコより安い。化粧品や美容院をムダと捉えるならば、酒やタバコはもっとムダだと言わざるを得ない。






 "先発3産業" 化粧品、美容院、アパレルは、すでにプレイヤーが多く、飽和している。

それに比べ、"後発3産業" エステ・スパ、ネイルサロン、そして美容整形 はまだまだ開拓の余地が残されているからだ。




弊社は、美容業界をサポートしている専門スタッフが多く活躍しております。

美容関連の起業、新規事業、法人化等をお考えの方は、ぜひ、税理士法人K&KJapanにご相談ください。(アシスタント)


投稿者 税理士法人 K&K Japan | 記事URL

2013年5月 7日 火曜日

NISA

GW中はお天気も良く、みなさん十分リフレッシュできたことと思います。

個人的にGW中にも話題になったのですが、NISAについてご存じでしょうか?

来年1月に開始される「少額投資非課税制度」(日本版ISA)のことで、4月30日に、愛称が「NISA(ニーサ)」に決定したと発表されました。日本証券協会が公募し、7,009件の応募の中から選ばれ、"N"は日本(NIPPON)の"N"とのことで、とてもわかりやすい愛称ですね。


「少額投資非課税制度」とは、証券会社や銀行などの金融機関で、年間100万円まで上場株式や株式投資信託などを購入すると、その配当金や売買益などが5年間非課税となる制度。イギリスでは国民の約4割がISAを利用するなど、資産形成・貯蓄として定着しているそうです。

弊社においても、先日、証券投資税制の改正について、大手証券会社の講師を招いて、少額投資非課税制度(通称ISA口座)の講習がありました。

株高が追い風になる中、非課税ということで、個人マネーの「貯蓄から投資へ」の流れを後押しして、かなりの人気になりそうです。
(アシスタントスタッフ)
















NISAや税制改正について等、お気軽にK&KJapanスタッフまでお問い合わせください。

投稿者 税理士法人 K&K Japan | 記事URL

2013年4月26日 金曜日

胡蝶蘭

  弊社の代表室では、先日代表のお誕生日にお客様から頂いた胡蝶蘭が、優美に咲いています。 
45余年の歴史が培った実績の中で、日々着実にお客様との信頼関係が築かれている様子が感じられます。





 一方、時代や社会の変化による、お客様のニーズに対応して、IT、クリエイティブ、NPO等あらゆる分野に精通したスタッフが活躍しています。(アシスタントスタッフ)

興味のある方は、お気軽にお問合せください。 K&K Japan 会社設立サイト




投稿者 税理士法人 K&K Japan | 記事URL

2013年4月10日 水曜日

The iron lady

 「鉄の女」と呼ばれ、国営企業の民営化などで内外に影響を与えたマーガレット・サッチャー元英首相が8日、87歳で死去しました。

サッチャー氏は英国で唯一の女性首相。保守党を選挙で3回の勝利に導き、1979─1990年、首相を務めました。

経済改革では、ガスや石油、鋼鉄、電話、空港、航空など国営独占企業の民営化を強力に推し進め、競争、民間事業、倹約、自立が信条で "サッチャーリズム" と呼ばれました。

 我が国においては、昨年12月に政権が交代し、安倍内閣が発足、安倍首相は、強い経済を取り戻すために、
(1)大胆な金融緩和、(2)機動的な財政出動、(3)民間投資を誘発する成長戦略の「3本の矢」を表明し、約100日が過ぎました。

このアベノミクスの第三の矢=民間投資を強力に促す成長戦略には、産業競争力会議などにより、規制改革や産業再編、起業、民間企業の海外進出、新規事業開拓を促す等の政策が掲げられています。

弊社 税理士法人K&KJapan は、昨年、中小企業の新たな事業活動の促進に関する法律に基づく、経営革新等支援機関に認定されました。 経営革新計画作成等、専門スタッフが、きめ細やかなサポートを行っております。新たな事業計画等をお考えの方は、ぜひ、中小企業経営革新支援ネットワークのページ もごらんください。(アシスタントスタッフ)



                                                             

                                                                
                                                        映画  The iron lady より

東京、大宮での会社設立、経営等については、お気軽に 税理士法人 K&K Japan 専門スタッフにご相談ください。

投稿者 税理士法人 K&K Japan | 記事URL

2013年4月 5日 金曜日

渋谷にニューアイドルあらわる by K&K

ハチ公の彼女?

渋谷の新興スポット「ヒカリエ」の246号線方面のショーウィンドーには
忠犬ハチ公ならぬ、「恋するハチ子」の像??が存在します。
某企業サイトの説明によれば、このメス犬像はハチ公の彼女という設定で、ハチ公の方角に目を向けているとのことですが...、
どうも方角が違う気がします。

それよりもこのハチ子...ハク製?

ショーウィンドーの中という設置場所のためか、若干目立たない気がしますが、
彼氏同様、人気のニュースポットとなるのでしょうか。


渋谷ヒカリエ近くの税理士 税理士法人 K&K Japan

投稿者 税理士法人 K&K Japan | 記事URL

2013年4月 4日 木曜日

House Vision 

先月、お台場で、 「新しい常識で家をつくろう」 をテーマに、歌舞伎座の殿堂の建て替え設計を担った、世界的建築家の隈研吾さんや、デザイナーの原研哉さんが中心となって、コンセプトに賛同した企業や建築家らが様々な住まいの提案を展示ハウスで展開する展覧会「HOUSE VISION 2013 TOKYO EXHIBITION」HOUSE VISION」 が開かれました。

エネルギー、移動、家電の未来、コミュニティや家族、サービス、全てが「家」という具体物に集約され表現されている、これからの展開も楽しみな素晴らしい展示会でした。

弊社 税理士法人K&KJapan も 大手住宅メーカー等とコラボして、家に関わる相続税や贈与税等の無料セミナーを各地で開催しており、弊社の専門税理士は親しみやすく、丁寧で話もわかりやすいと、ご好評もいただいております。 

興味がおありになる方は、相続サポートのページもご覧ください。(アシスタントスタッフ)


相続 渋谷 会社設立

東京、大宮での会社設立、経営等については、お気軽に 税理士法人 K&K Japan 専門スタッフにご相談ください。

投稿者 税理士法人 K&K Japan | 記事URL

2013年3月29日 金曜日

東横線渋谷駅跡地にUTストア

近年、東京では、大型の都市再開発が急速に進んでおります。

なかでも、弊社K&K Japan 本社がある渋谷では、3月16日、東横線東京メトロなど5社の相互直通運転がスタートしました。

それにともない、東横線の渋谷駅ホームも地下5Fに移動することとなり、いつも利用していたホームを見納めに、夜中まで、たくさんの利用客が訪れていました。

その東急東横線渋谷駅跡地に、取り壊す前の期間限定で、28日、ユニクロのTシャツ専門ブランド「UT」のポップアップストア「UT POP-UP! TYO」がオープンしました。

行き先掲示板やホームなど駅の痕跡をそのまま利用して、1万2000枚のTシャツをハンガーに吊るして展示、販売、また今回のオープンに合わせてリリースされた、スマートフォン向け動画撮影アプリ「UT CAMERA」のクリエイティブな映像も楽しめる、とてもスタイリッシュな空間です。(アシスタントスタッフ)





渋谷エリアでの会社設立、経営等については、お気軽に 税理士法人 K&K Japan 専門スタッフにご相談くださいませ。 

投稿者 税理士法人 K&K Japan | 記事URL

2013年3月25日 月曜日

東京で桜満開

3月22日、東京都心の桜(ソメイヨシノ)が満開になったと発表されました。
平年より12日早く、統計を取り始めた1953年以降、最も早かった2002年に次ぐ2番目の早さだそうです。

桜満開の週末、都内の桜の名所は、お花見をする人でいっぱいでした。

一方、名所ではないけれども、自宅の近くにも桜が綺麗で、ゆっくりとお花見できる場所もあります。
こちらは、昨日、たまたま通りかかった桜の坂道ですが、人も車もなく、静かでとても癒されました。
(アシスタントスタッフ)





東京での会社設立、経営等については、お気軽に 税理士法人 K&K Japan 専門スタッフにご相談くださいませ。

投稿者 税理士法人 K&K Japan | 記事URL

2013年3月19日 火曜日

東京スカイツリー

こんにちは。アシスタントスタッフです。
私達、K&K Japan のスタッフは、確定申告等の繁忙期を無事乗り切り、
皆で、東京スカイツリーに行き、東京の夕暮れから
綺麗な夜景まで、ゆっくりと堪能してきました。
空の自然と都市の壮大なコントラストが、国際都市東京の魅力だなと
あらためて思いました。(アシスタントスタッフ)

スカイツリー


東京での会社設立、経営等については、お気軽に 税理士法人 K&K Japan 専門スタッフにご相談くださいませ。

投稿者 税理士法人 K&K Japan | 記事URL

2013年1月 7日 月曜日

ごあいさつ

あけましておめでとうございます。
本年も税理士法人 K&K Japanをどうぞよろしくお願いします。

昨年は、世界の主要各国で政権交代、再選などが相次ぎ、激動の年となりました。
我が国でも、民主党政権が終焉を迎え、自民党政権にバトンタッチとなり、安倍新政権の経済金融政策への期待感が株化へ影響も与えています。

このような時代には、法律改正や、それにともなっての経済再編など、ビジネスに大きなインパクトが生じる流れが生じることとお思われます。
そして、こんな時代こそ、我々税理士の本領が発揮されるものと考えています。


税制を始めとしたビジネスに関わる法律のご相談、資金繰りや、融資に関わるご相談、予算実績差異分析にもとづく財務管理、その他経営全般にかかわることは税理士の守備範囲です。

皆様、我々税理士法人 K&K Japanとともに、明日を切り開いていきましょう。


投稿者 税理士法人 K&K Japan | 記事URL

2012年12月 5日 水曜日

5Sとは

渡邉です。

今日は、「5S」という言葉についてです。

5Sとは、「整理・整頓・清潔・清掃・躾」のことで、次のように解説されています。

 ● 整理=要るものと要らないものに分けて要らないものを捨てる

 ● 整頓=要るものを使いやすいように置き誰にでもわかるように明示する

 ● 清掃=常に掃除し、きれいにする

 ● 清潔=整理・整頓・清掃の3Sを維持する

 ● 躾 =決められたことを、いつも正しく守る習慣づけ



 これらの5Sは本来ならば「当たり前のこと」ですが、その「当たり前のこと」が

 できていないことが多くの中小企業の実態ではないかと感じます。

 そこで、会社の改善・改革の第一歩として「5S」という言葉を個別に正しく認識し、

 行動に結びつけていくことをお勧めします。


 ◆ 第一は「整理」です。

 「整理」とは2つの要素で構成されます。

 1)必要なものと不要なものとを分けること

 2)不要なものを捨てること

 この2つを実行することが「整理」です。

 皆さんは何が不要な物なのか、不要の基準を設けていますか?

 「不要なものは半年間使わなかった物」というように、一定の基準があると便利か
 
  もしれません。


 ◆ 第二は「整頓」です。

 「整頓」は3つの要素で構成されます。

 1)必要なモノや情報を見つけやすくする

 2)モノや情報を間違いなく利用・活用しやすいようにする

 3)利用後、正しく戻して活用されやすいようにする

 この3つが揃って生産性が向上します。

 これらの要素を満たす知識や知恵の活用が求められ、特に1)と3)は対になって

 いますので利用を考えた配置を検討してください。


 ◆ 第三は「清掃」です。

 清(せい)はきよめる、ほこりをふき取り、掃(そう)はチリを掃くことです。

 結果としてチリもホコリも無い状態、それが「清潔」ということになります。


 ◆ 第四は「清潔」です。

 「整理」、「整頓」、「清掃」の上に位置しています。これがポイントです。

 「整理」、「整頓」、「清掃」が徹底し維持されている状態を「清潔」と言います。


 ◆ 最後は「躾」です。

 「躾」が最後であるのは、「整理」、「整頓」、「清掃」、「清潔」の4つが身につき、
 実行できる状態であることが「躾」が行き届いている状態だからです。

 また、企業によっては、これに「作法」や「習慣」、また「しっかり」、「しつこく」

 などを追加する場合もあるそうです。


 このような「5S」の導入により、職場環境の美化はもちろん、従業員のモラル向
 
  上や業務の効率化、情報流出防止、安全性の向上など様々な効果があると言

  われます。

 是非、実践することをおススメします!

投稿者 税理士法人 K&K Japan | 記事URL

2012年11月16日 金曜日

wonda

こんにちは。
監査一課の勝又です。

缶コーヒーであれば、いろいろ人によって好きな銘柄があるかと思いますが、私はWONDAシリーズとくに「朝専用」が断然好きです。

投稿者 税理士法人 K&K Japan | 記事URL

2012年11月16日 金曜日

缶コーヒーの甘さの謎を追え

2度目の登場となりました。「筋力強化月間中」の監査1課小出です。

突然ではありますが、缶コーヒーってやたら甘くないですか?
「微糖」、「低糖」、「超微糖」どれをとっても甘い。何故か甘い。
味覚は人それぞれと言えども、普通の缶コーヒーとこれらの缶コーヒーの違いが明確に分かる人は少ないのではないでしょうか?

どうなっているのか缶コーヒーということで調べてみました。微糖や無糖については表示の基準があるではないですか。

健康増進法第31条第1項 栄養表示制度
販売する食品について、邦文により栄養成分、熱量について表示を行う場合には、その栄養成分、熱量だけでなく、国民の栄養摂取の状況からみて重要な栄養成分・熱量について表示することが義務付けられているほか、その表示が一定の基準を満たすことを義務付けた制度です。

栄養表示制度中の「強調表示の基準」にこの様に定められています。

・含まない旨[無、ゼロ、ノン]の表示は次の基準値に満たないこと
 この基準より数値が小さい場合「0」表示することが可能
 100ml当たりの糖類が0.5g未満  範囲誤差は±20%

・低い旨[低、ひかえめ、少、ライト、ダイエット等]の表示は次の基準値以下であること
 低減された旨の表示をする場合は、次の基準値以上低減していること
 100ml当たりの糖類が2.5g以下 範囲誤差は±20%

ということは、「無糖」であっても微量の糖類が入っている可能性があるということです。
しかも「微糖」、「低糖」などには、100ml当たりで2.5g、缶コーヒーの小さい缶は190ml程度ですから最大で5g近くの糖類が入っている可能性があるということです。
某コーヒーショップのスティックシュガー1本分以上が入っていることを考えると、道理で甘いはずだと納得がいきます。

しかも、基準の範囲内で各メーカーさんのさじ加減次第です。
こればかりは運試し。今後も缶コーヒーとの戦いは続きそうです。

投稿者 税理士法人 K&K Japan | 記事URL

2012年11月12日 月曜日

御用聞きの三河屋さん

山田(光)です。

先日身近なところで、食品・日用品の購入が大変という話がありました。
住んでいるところの近くにお店が無く、何を買うにも車が必要になるとのことです。
高齢で車が運転できないので、子や嫁や孫に車に乗せてもらい買い物に行くことになるが、同居でもしていなければその都度お願いするのも気が引けるとのことでした。

最近はネットでも、食品・日用品が買えるし、その日に配達してくれるサービスも
増えています。パソコンやタブレットもタッチ式で便利になったし、ネットサービスを
活用すれば良いのではと話しましたが、パソコンやタブレットは使いこなすことが出来ないと言います。

雑誌等でもネット通販に関しては、こんなサービスがありますやこんな値段で買えますということは良く見ますが、パソコン等を使える人が前提です。
昔はそれこそ御用聞きが定期的に周って受注を行っていたようですが、いまはそれも無く、便利そうなパソコン等も高齢者には不向きです。それこそ注文の数量を間違えたらとんでもないことになります。

商店街が無くなりつつあり、高齢化が進み、都心でもこのような問題が今後は増えるのではないでしょうか。高齢の方も簡単に使え、スカイプ等で顔を見ながら御用聞きのようなサービスが早く出来ないものかと思いました。


投稿者 税理士法人 K&K Japan | 記事URL

2012年11月 2日 金曜日

SWOT分析

とりいで~す。

今日の経営を取り巻く環境は非常に厳しいものがあり、この現状を打破するために、経営戦略が必要となります
経営戦略のツールはいくつもありますが今回はSWOT分析を紹介します

●SWOT分析とは

SWOTとは、企業の強み(Strength)、弱み(Weakness)、機会(Opportunity)、脅威(Threat)のことで、
それぞれの頭文字をとってSWOT(スウォット又はスワット)と言います。

企業が経営戦略や経営計画を策定するためには、内部環境(経営資源)と外部環境(経営を取り巻く環境)
の分析が不可欠です。SWOT分析はその両者の評価を統合的に行う手法です。

強み(S)と弱み(W)は内部環境分析に、機会(O)と脅威(T)は外部環境分析となります。


●強みと弱み

強みと弱みは競争相手と比較したものを言います。

自社の強みだと思っていても、その強みが競争相手の方が勝っていれば強みにはなりません。
また、今は強みだが近い将来は強みではなくなるものも本当の強みとは言えません。


●機会と脅威

機会とは「うまく活用できれば業績が拡大する外部環境の変化」で、
脅威とは「放置すると業績が悪化する外部環境の変化」のことをいいます。

業績にプラスになる外部環境の変化は、競争相手にとってもプラス要因になりますので、環境変化を機会に
できるかどうかは、環境変化に対する対応力が競争相手よりも勝っているか、あるいは、競争相手よりも
先に環境変化に対応できるかにかかってきます。


●クロスSWOT分析
前述までのSWOT分析をベースとして強み・弱みの内部環境と機会・脅威の外部環境をクロスさせ、
様々な戦略を検討する手法です。たとえば以下のような検討が考えられます。

「強み×機会→積極的攻勢」・・・ 強みに、機会をぶつけ、機会を最大限活用する
「強み×脅威→差別化戦略」・・・ 脅威でも、自社の強みをぶつけて機会にするまたは脅威を回避する
「弱み×機会→弱点を強化」・・・ 自社の弱みを機会で改善する又は弱みで機会を逃さないようにする
「弱み×脅威→自社防衛策」・・・ 最悪の事態を回避する取り組みをする


経営分析はなれないと難しいものですが、経験によって精度が上がると思います。いろいろなものに
トライし、戦略オプションを確立して頂けたらと思います。

投稿者 税理士法人 K&K Japan | 記事URL

2012年10月20日 土曜日

東京駅

こんにちは。

広報室の勝又です。


昨日は茨城に出張に行ってきました。

東京駅から高速バスで鹿嶋へ。

日中は監査で、夕方バスにて東京に戻ってきたのですが、東京駅が昔の駅舎を再現した状態になっており、夜ともあってライトアップしていました。

駅舎の中はちょっとした美術館のロビーみたいになっていました。

投稿者 税理士法人 K&K Japan | 記事URL

2012年10月19日 金曜日

eTaxEffect研修

監査1課の金子です。


昨日、㈱TKCが提供してますeTaxEffectというシステムの研修に行ってきました。


このeTaxEffectとは、税効果会計システムであり、中堅・大企業を対象としており、

税効果会計の計算はもちろん、税額の計算も行えます。

また単体での計算、連結グループでの計算の両方が行えるシステムです。


実際にシステムを動かしてみて・・・・・すごいと実感しました。

とにかくすごかったです。



弊社では、税理業務のほかに、㈱TKCの委託により、中堅・大企業を対象としたシステム

コンサルを行っております。








研修を終え、すべてをマスターした訳ではありませんが、

システムコンサルティングの一員として、努力していかないとなと

改めて実感した日でした。

投稿者 税理士法人 K&K Japan | 記事URL

2012年10月18日 木曜日

iPhone

こんにちは。

先日、ついに iPhone5 を手に入れた、監査一課の勝又です。


それまでは、3年もののいわゆるガラケーを使っていたので、格段の違いを感じますね。
アプリがいろいろあって、面白アプリを探すのが趣味になりました。


よく使うアプリは、「食べログ」。
移動で、どこかで食事する際に、近くのおいしい店を検索して、毎回違う店に行ったりしています。(#^.^#)


あと、「漫画カメラ」。
撮影すると、漫画の一コマみたいに画像を変換してくれるアプリです。
同僚を激写して楽しんでいます。(笑)


投稿者 税理士法人 K&K Japan | 記事URL

2012年10月16日 火曜日

面接で聞いてはいけないこと?

 とりいです!

 中小企業にとって人材を確保すること、採用することは非常に大事な意思決定です。

 少しでもよい人材を採用したいという思いは、どの企業も同じだと思います。

 その強い思いから、ついセンシティブな質問をぶつけてしまうケースがよくあります。

 面接など採用選考時や後々問題とならないために厚生労働省が提示している配慮すべき

 ことを列挙してみました。


 <本人に責任のない事項の把握>

 ・本籍・出生地に関すること(戸籍や住民票を提出させる行為などはこれに該当)

 ・家族に関すること(職業・続柄・健康・地位・学歴・収入・資産や家族構成などが該当)

 ・住宅に関すること(間取り・部屋数・住宅の種類・近郊の施設など)

 ・生活環境・家庭環境などに関すること

 <本来自由であるべき事項(思想信条にかかわること)の把握>

 ・宗教に関すること

 ・支持政党に関すること

 ・人生観・生活信条に関すること

 ・尊敬する人物に関すること

 ・思想に関すること

 ・労働組合・学生運動などの社会運動に関すること

 ・購読新聞・雑誌・愛読書に関すること

 <採用選考の方法>

 ・身元調査などの実施(現住所の略図は生活環境の把握など身元調査につながる可能性がある)

 ・合理的・客観的に必要性が認められない採用選考時の健康診断の実施


 以上配慮すべきことを列挙しましたが、面接ではついつい聞いてしまう内容かもしれません。

 ただこのような応募者の適正・能力とは関係のないことを聞かれ、応募者がその会社に就職する

 意思をなくしたとの話を聞くことがあります。

 有能な人材確保には、職務遂行に必要となる適正・能力の観点からの評価が望ましいと感じます。

投稿者 税理士法人 K&K Japan | 記事URL

2012年10月 5日 金曜日

保険ミーティング

月に一回、保険指導のミーティングを行っています。

保険の活用は、事業上のリスク対策や資金準備、相続の一環などの場面で、前向きな経営や相続対策という点で、我々税理士とは切っても切れない関係にあります。

本日は、弊社提携先の大同生命担当者を招き、関与先1社ごと、現状の問題点把握と、その問題が保険活用によりカバーできないか、ミーティングを行いました。


投稿者 税理士法人 K&K Japan | 記事URL

2012年9月22日 土曜日

TKC秋季大学

広報の勝又です。

長らくご無沙汰していたので、気楽に再スタートします。




先週、TKCの秋季大学というイベントに参加してきました。

毎年1回、著名人を招いての講演会や、TKC会員事務所の職員を一堂に会しての懇親会を行っているイベントです。

会場は、新宿のハイアットリージェンシー東京!




今年の講演は、小泉 純一郎 元首相。

話の出だしは静かでしたが、叙々にヒートアップして、最後のほうは小泉節全開でした(笑)

政治家引退しても衰えてない...。(*^_^*)



もう一人の講演は、宇宙探査機はやぶさの開発者の山田哲哉氏。

こんなお若い方が、あのはやぶさを設計管理していたんですね。(@_@;)





懇親会では、バイキングで食べ過ぎました...。

宴では、TKCのSCGによる華麗な舞を拝見しました。


舞妓姿のTKC坂本氏(笑)

投稿者 税理士法人 K&K Japan | 記事URL

2012年8月 8日 水曜日

合同就職面談会!

広報室の勝又です。

税理士の本試験も終わり、毎年恒例の就職活動の時期となりました。

当社も、大原簿記学校とTACの合同就職面談会に参加しました。


大原簿記学校の就職面談会(8/4 in 大原簿記本校)
大変な混雑で、混んでいる場所は通り抜けも困難。
まさに芋を洗うような状況とはこの事でしたが、こられた方々は決して芋ではなく、大変優秀な方々でした。
皆様、暑い中、リクルートスーツでお疲れ様でした。



TAC合同就職面談会(8/5 in  ベルファーレ汐留)
冷房のきいた大ホールで優雅に面談を行うことができました。
就職希望の方々も、例年以上に多数参加いただき、ありがとうございました。
ただし、小生はこのホールになかなかたどりつくことができず、灼熱のコンクリート地獄の真っただ中で危うく遭難しかけました...(泣)
みなさん事前に地図で調べていきましょう(笑)

投稿者 税理士法人 K&K Japan | 記事URL

2012年7月14日 土曜日

スイカバー


夏の定番と言えばコレ...。

投稿者 税理士法人 K&K Japan | 記事URL

2012年7月 9日 月曜日

税金の滞納は恐ろしい

山田淳です

国税を滞納すると利息をつけて納付しなければなりません

当該利息の事を延滞税と言います。

納期限の翌日から2か月間は、年4.3%。2ヶ月以降は、年14.6%です。

100万円を滞納すると年間14万6千円の延滞税です。

毎年14万6千円ずつ増えると7年で100万円を超えます。

7年で倍になってしまします。(恐ろしい~)

また、この延滞金は損金になりません。(恐ろしい~)

税金は滞納してもいいことは全くありません。





投稿者 税理士法人 K&K Japan | 記事URL

2012年6月29日 金曜日

K&K会 お疲れ様でした

おはようございます。山田淳です 



昨日、弊社のお客様や関係者の皆様、約200名を招いて、第31回K&K会総会が開催されました。


K&K会の詳細はコチラ
http://www.kkjapan.or.jp/pc/free3.html






第一部 総会 K&K会の会計報告(司会弊社 大河 愛)







第二部 特別講演会 植木理恵先生 「社員のやる気を引き出す心理学」

従業員の、本質的な性格のタイプを把握して、マネジメントに役立てましょう。





第三部 懇親会 バイキング形式による夕食会
  
本年も、皆様と楽しく過ごすことができました。




ご出席、ありがとうございました。




また来年お待ちしています。

投稿者 税理士法人 K&K Japan | 記事URL

2012年6月23日 土曜日

税務調査研究会

山田淳です

 税務調査研究会という研究会 (研修会です) 6月から毎月1回、全6会開催されます。昨日はその第1回目。
まあ、昨日の今日なので本日は税務調査についてお話しします。

 税務調査が行われる時、通常は会社及び税理士との日程を調整します。が、突然、会社及び社長宅等に税務署の人が来ていることを耳にします。
 これは「無予告調査」と言われるもので、法律に反した事ではありません。税務調査を実施するときに事前に通知するという法律はないということです。

 もし、上記のように税務署の調査官が来てしまったら、
 ①会社や自宅には絶対に入れない。
 ②税理士に連絡をする。
 この①②を行いましょう。
 そして、電話連絡の上、各人の都合によりの対応になります。都合が悪いときは日時を変更してもらう事もあります。

税務調査はうれしい事ではありませんが、対応しなければなりません。正しい知識を身に着けその時に備えたいと思います

投稿者 税理士法人 K&K Japan | 記事URL

2012年6月19日 火曜日

税理士試験

広報室の勝又です。(^-^)

今年も税理士試験が近付いてきました...。

当社でも、私を始め10名以上がチャレンジしており、今年は7/31~8/2の日程で実施されます。

税理士試験は科目ごとの合格制となっており、5科目合格すれば完全合格となります。

年に一度のことなので、計画的に勉強していれば順調にクリアしそうなものですが、年々の内容の高度化に加え、仕事との両立はかなりキツイものとなってきます。

科目によって異なるものの、週に1~2回の授業を受けて受験レベルまでもっていくだけでも、かなりのエネルギーが必要とされます。

勉強意欲があったとしても、業務に穴を空けるわけにはいきませんし、顧客から頼りにされればそれに応えなければ失格でしょう。

業務の都合で計画通りにいかなくなってしまうのは仕方ありません。それを織り込んだ上で、前倒しで学習を進めなければならないということですね。




投稿者 税理士法人 K&K Japan | 記事URL

2012年6月17日 日曜日

税務相談

山田淳です

昨日、今日と顧問先が運営する介護施設に税務相談で伺ってきました

介護施設の入居者の家族の方との相談会でした

入居者の平均年齢は85歳を超えているとのことで、結構な割合で認知症の方がいらっしゃるようでした

認知症になると贈与や遺言作成が難しくなります

その前に財産の過多を問わず、遺言作成の必要があるのかと感じました

ちなみに民法では15歳以上の人は遺言作成が可能です

投稿者 税理士法人 K&K Japan | 記事URL

2012年6月12日 火曜日

法人成り!

税理士の三沢です!

今回のテーマは、ズバリ法人成り!
個人事業主の方、又はこれから企業を考えている方
法人にしたほうがいいよ!とか個人と法人どちらが有利?等
よく耳にするかもしれませんが、実際はどうなのでしょうか?

今日は法人成りのメリット・デメリットを書いてみます。

メリット
①給与所得控除が使える
 個人事業主さんが法人成りをすると役員になります。
 今までは、比較的自由に事業のお金と家事のお金をごっちゃにできましたが
 法人になると役員報酬という給与を会社からもらう立場になります。
 つまり同じ儲けでも、事業としてより給与としてもらうほうが所得が圧縮できます。
 ズバリ税金が安くなる!! これが給与所得控除のメリットです!

②消費税免税
 資本金や役員報酬等の金額によりますが、最高で2年間は消費税が免税となります。
 今、個人事業で消費税を納めている方、最大2年間免税は大きいですよ!

③生命保険
 個人で生命保険をかけても生命保険控除は最大12万円しか所得控除ができません。
 しかし、法人契約の場合は、保険の種類にもよりますが掛け金のすべてが経費!

④事業主に退職金
 法人の場合、事業を引継いで退職した場合、退職金を支給できます!

⑤決算時期の選択が可能になります。
 個人は1月~12月ですが、法人は選択が可能!また、途中変更も理由があれば
 可能です。今期の事業年度は8カ月なども可能です!

⑥親族の役員就任や福利厚生等の活用などなど、メリットはかなり多いです!

ではデメリット
①儲かっても儲からなくても最低限の税金(1年で最低7万円)が発生

②経理等が複雑になる可能性があります。

③専門家(税理士等)への報酬が増加 (そんなには増えません!!)

④社会保険強制加入(むしろメリットかもしれません!!)

など・・・・・

この場では、はっきりとは言えないですが、ある程度の儲けがある場合
また見込める場合は法人成りがお得と言えます!

法人成りシミュレーションもできますので(もちろん無料!!)

お悩みの方はご相談ください!!(勝又指名でもOKですよ!)

投稿者 税理士法人 K&K Japan | 記事URL

2012年6月10日 日曜日

現金管理

ご無沙汰しました。山田淳です。

過去を振り返って、一度も「日記」というものを書いたことがない人がグロブを書き

続けるのは非常に辛いことなので、大目に見て下さい。宜しくお願いします。

本日はつい最近お会いした方で少し衝撃的でしたので取り上げてみました。



法人でも個人事業者での現金の管理は日々行わなければならない事は

皆さん承知していることと思います。

社長自らが現金管理している会社は結構あります。

一円単位で個人と法人のキャッシュを把握する。大変と思います。

なかなかできません。


この前すごい方とお会いしました。普通のサラリーマンの方なのですが、

自分の現金管理に家計簿らしきものを作成しているとのことでした。

毎週、日曜日の朝に家計簿と現金残高をチェックしているようで、

「今週は**円合わない」とか、「ピッタリだった」とかやっているそうです。

スイカやエディなど電子マネーの利用で相当過不足が無くなったとのことでした。

すごいですよね。


山田の場合、毎週確実に使途不明金が発生するでしょう!

絶対に出来そうにありません。我が家でも家計簿は作成していません。

だからお金が貯まらないのかなぁ~。

投稿者 税理士法人 K&K Japan | 記事URL

2012年5月11日 金曜日

研修に参加しました

山田淳です

昨日、税務調査対応の研修に参加しました

講師は元国税調査官で上記の内容で研修会やコンサルティングを実施しているようです。

元国税調査官ですので、税務署の内情や調査官の気持ち、ノルマがあるのか、等々 わかりやすい説明でした。

現在の税務調査は法人に対し4,1%の調査率ということで、計算上では25年に1回しか調査が行われないことになります。

しかし、国税庁はこの率を8%にすることが目標とのことで、今後は税務調査が増加することが予測されます。

今朝早速Amazonにて今回の講師の著書を2冊購入し、11月まで毎月行われる研修会の申し込みを行いました。

税務調査は避けられないことなので、実際の税務調査の時に困らないように知識を蓄えていこうと思います。

投稿者 税理士法人 K&K Japan | 記事URL

2012年5月 3日 木曜日

エビフライ巻


今朝の朝食は、サークルKサンクスのエビフライ巻でした。

投稿者 税理士法人 K&K Japan | 記事URL

2012年4月28日 土曜日

税理士山田のGW

いつからだろう?

山田にとってゴールデンウィークがビジネスに染まってしまったのは...。

税理士という仕事柄、法人の3月決算が中心となってしまうのは仕方がない。
そのため5月に税務申告が集中してしまう...。

渋谷2丁目に事務所を移転する前のGW中は、書類を自宅に持ち込み連休の半分は何かしらの仕事をしていた事を記憶している。

事務所移転後は労働環境が良くなったため事務所に出勤して仕事する。
本日、平成24年4月28日土曜日、GWの初日であるが渋谷の事務所で山田のGWがスタートした。

GW明けに担当関与先に迷惑がかからないように仕事を進め、後半は休みを取りたい。
ずっと仕事をしていても体は大丈夫なのだか、「どうして他の人は休んでいるのに自分は仕事をしているのだろうと」と思ってしまう。
精神面でのストレスが出てしまう。

他人と自分を比べても仕方がないのに・・・まだまだ修行がたりないようだ...(笑)。

投稿者 税理士法人 K&K Japan | 記事URL

2012年4月27日 金曜日

平成生まれ。

マネージャーの山田淳です。

昨日、就職希望者の面接を行いました。

弊社のホームページを見ての志望動機ということで、ホームページは顧客獲得のみならず、社員獲得にも大切なのだとあらためて感じました。

話は戻りますが...。
早速、履歴書を拝見させていただき、まず、年齢確認! 
誕生日がナント「平成」ではないですか!

私がこの仕事を始めたのが昭和62年...。
ということはその時まだ生まれていないということです。

いつかその日が来ると思ってはいましたが、"とうとう来た"という感じです

山田は仕事を始めた頃は、世間ではその年代の若者を「新人類」なんて呼んでいましたが、今の20代前半はどのような人種なのでしょうか?

おそらく「平成生まれの人」と近々仕事をすることになるかと思いますが、多少の不安?もよぎったのは否めません(笑)

投稿者 税理士法人 K&K Japan | 記事URL

2012年4月26日 木曜日

ぐらんどオープン!

こんちはっ♪  監査一課の山堀です(・。・;~。


とうとうやってきました...。

何を隠そう、今日は渋谷ヒカリエのオープンの日なのですヽ(^。^)ノ

若者の街、渋谷にあって、大人の女性向きのショッピン、プレイスポット目白押し!!

事務所と渋谷駅との中間に渋谷ヒカリエができましたので、早速さきほど監査からの帰りに通りかかってみましたよ~。

......すごい人だかり(^_^;)

しばらく混雑が続きそうですが、時間をかけて完全制覇を目指しですね。

ちなみに... 山堀のイチ押しは、地下のフードコートです!

投稿者 税理士法人 K&K Japan | 記事URL

2012年4月21日 土曜日

茨城に出張

広報室の勝又です。

昨日は、茨城のクライアントに監査に行ってきました。

東京駅より、高速バスを利用しての日帰り出張。

思い起こせば1年前、震災直後の監査で行った際には、クライアントからバス停留場に向かう道で、津波の爪痕生生しい地区を通りかかりました。

TV画像で見る宮城や岩手などの被災地の状況よりは軽微なのですが、波打つ道路、ことごとく傾いた看板や信号機、地割れした駐車場、ガラスが大破したユニクロの店舗などを目の当たりにして、衝撃を受けました。

あれから1年余、同じ場所を通りましたが、私の目にはまったく痕跡がみつからないほどに復旧していました。

あの震災が直接影響または間接の呼び水となり、政治や経済に重大な問題が噴出している昨今ですが、その中にあっても着実に進み続ける、日本人のたくましさの一端を垣間見た気がしました。

投稿者 税理士法人 K&K Japan | 記事URL

2012年4月17日 火曜日

山田淳です。

K&K Japanマネージャーをしている、山田淳です。

名刺交換をした後に交換をした相手先のホームページを見ることがよくあります。

また、初めて会うことがわかった会社のホームページは必ずと言っていいほど確認します。

山田の場合、ホームページを見た方から必ず言われることがあります。

「山田さん、今日も4時起きですか?」

そうなんです。

この言葉が出るということは、相手の方は弊社のホームページをみてスタッフ紹介のページから山田のコメントを見てくれたことの証のようなものなのです。

最近はどこの会社もホームページがあり、ホームページの内容から企業の良し悪しを判断しがちです。が、誇大広告、おとり広告には注意しましよう!

山田の4時起きは事実です。6時には渋谷の事務所に出社しています。

投稿者 税理士法人 K&K Japan | 記事URL

2012年4月16日 月曜日

45日決算

広報室の勝又です。

今日は45日決算の締め日。

「45日決算」というのは、決算期日から1か月半を目標に、決算数値の確定、申告書の作成、税額の確定などを行い、クライアントに税額の報告をする活動のことです。

決算にともなう「申告」と「納税」は、通常、決算期日から2か月以内が期限となっていますが、期限ギリギリになってしまっては、クライアントも困るでしょうし、税理士事務所としてもドタバタになってしまい、いろいろな問題が生じてしまうのです。

つまり、決算の早期完了は、クライアントの皆様方にとっても、われわれ税理士にとっても利益の一致するところなのです。

...というわけで、本日は、2月決算法人の決算期日後1か月半となりますので、2月決算の社内における締め日ということになります。

通常の勤務日は、巡回監査で外出している社員が多いのですが、今日に限っては事務所内で作業をしている社員が大半のようですね。

税理士法人 K&K Japanでは、「45日決算」を合言葉に(ノルマに近い...)、クライアントの皆様方にもご協力いただいて、毎月毎月、早期決算に努めています!

投稿者 税理士法人 K&K Japan | 記事URL

2012年4月14日 土曜日

中堅企業の監査に行ってきました。

広報責任者をしている、監査課の勝又です。

本日からブログを始めたいと思います。

会社設立運営に限らず、仕事に関係する身近な話題で気楽に続けていければと考えています。




昨日は、千葉県の某中堅企業を訪問。

4人チームによる監査です。

当社税理士法人 K&K Japanのクライアントは中小企業、小規模零細企業が主で、通常は担当者1名で対応することがほとんどですが、何割かは先輩(上司)、後輩による2名体制で対応しています。

当社のクライアントでも、規模の大きい企業は、それだけ必然的に多人数で対応することになるのですが、
何人体制で対応していても、実際に実務の作業を行っているのは1~2名。

しかし、今回のクライアントは作業量が多く、スピードが要求されるため、4名でのチーム作業となっています。

そのうえ、当社のマネージャー、チーフマネージャーも対応しますので、現実には6名体制という大所帯...(笑)



昨日は、クライアントの担当部長を交えて会議室にこもり、経理の入力した会計データのチェック、修正等を行いつつ、各種資料作成などを分担して実施。
何とか5時には終了し、長い帰宅の途につきました。
それでも、一日で終わるわけではなく、今日も事務所にこもって続きの作業です!

投稿者 税理士法人 K&K Japan | 記事URL