税理士★日記

2012年11月16日 金曜日

wonda

こんにちは。
監査一課の勝又です。

缶コーヒーであれば、いろいろ人によって好きな銘柄があるかと思いますが、私はWONDAシリーズとくに「朝専用」が断然好きです。

投稿者 税理士法人 K&K Japan | 記事URL

2012年11月16日 金曜日

缶コーヒーの甘さの謎を追え

2度目の登場となりました。「筋力強化月間中」の監査1課小出です。

突然ではありますが、缶コーヒーってやたら甘くないですか?
「微糖」、「低糖」、「超微糖」どれをとっても甘い。何故か甘い。
味覚は人それぞれと言えども、普通の缶コーヒーとこれらの缶コーヒーの違いが明確に分かる人は少ないのではないでしょうか?

どうなっているのか缶コーヒーということで調べてみました。微糖や無糖については表示の基準があるではないですか。

健康増進法第31条第1項 栄養表示制度
販売する食品について、邦文により栄養成分、熱量について表示を行う場合には、その栄養成分、熱量だけでなく、国民の栄養摂取の状況からみて重要な栄養成分・熱量について表示することが義務付けられているほか、その表示が一定の基準を満たすことを義務付けた制度です。

栄養表示制度中の「強調表示の基準」にこの様に定められています。

・含まない旨[無、ゼロ、ノン]の表示は次の基準値に満たないこと
 この基準より数値が小さい場合「0」表示することが可能
 100ml当たりの糖類が0.5g未満  範囲誤差は±20%

・低い旨[低、ひかえめ、少、ライト、ダイエット等]の表示は次の基準値以下であること
 低減された旨の表示をする場合は、次の基準値以上低減していること
 100ml当たりの糖類が2.5g以下 範囲誤差は±20%

ということは、「無糖」であっても微量の糖類が入っている可能性があるということです。
しかも「微糖」、「低糖」などには、100ml当たりで2.5g、缶コーヒーの小さい缶は190ml程度ですから最大で5g近くの糖類が入っている可能性があるということです。
某コーヒーショップのスティックシュガー1本分以上が入っていることを考えると、道理で甘いはずだと納得がいきます。

しかも、基準の範囲内で各メーカーさんのさじ加減次第です。
こればかりは運試し。今後も缶コーヒーとの戦いは続きそうです。

投稿者 税理士法人 K&K Japan | 記事URL

2012年11月12日 月曜日

御用聞きの三河屋さん

山田(光)です。

先日身近なところで、食品・日用品の購入が大変という話がありました。
住んでいるところの近くにお店が無く、何を買うにも車が必要になるとのことです。
高齢で車が運転できないので、子や嫁や孫に車に乗せてもらい買い物に行くことになるが、同居でもしていなければその都度お願いするのも気が引けるとのことでした。

最近はネットでも、食品・日用品が買えるし、その日に配達してくれるサービスも
増えています。パソコンやタブレットもタッチ式で便利になったし、ネットサービスを
活用すれば良いのではと話しましたが、パソコンやタブレットは使いこなすことが出来ないと言います。

雑誌等でもネット通販に関しては、こんなサービスがありますやこんな値段で買えますということは良く見ますが、パソコン等を使える人が前提です。
昔はそれこそ御用聞きが定期的に周って受注を行っていたようですが、いまはそれも無く、便利そうなパソコン等も高齢者には不向きです。それこそ注文の数量を間違えたらとんでもないことになります。

商店街が無くなりつつあり、高齢化が進み、都心でもこのような問題が今後は増えるのではないでしょうか。高齢の方も簡単に使え、スカイプ等で顔を見ながら御用聞きのようなサービスが早く出来ないものかと思いました。


投稿者 税理士法人 K&K Japan | 記事URL

2012年11月 2日 金曜日

SWOT分析

とりいで~す。

今日の経営を取り巻く環境は非常に厳しいものがあり、この現状を打破するために、経営戦略が必要となります
経営戦略のツールはいくつもありますが今回はSWOT分析を紹介します

●SWOT分析とは

SWOTとは、企業の強み(Strength)、弱み(Weakness)、機会(Opportunity)、脅威(Threat)のことで、
それぞれの頭文字をとってSWOT(スウォット又はスワット)と言います。

企業が経営戦略や経営計画を策定するためには、内部環境(経営資源)と外部環境(経営を取り巻く環境)
の分析が不可欠です。SWOT分析はその両者の評価を統合的に行う手法です。

強み(S)と弱み(W)は内部環境分析に、機会(O)と脅威(T)は外部環境分析となります。


●強みと弱み

強みと弱みは競争相手と比較したものを言います。

自社の強みだと思っていても、その強みが競争相手の方が勝っていれば強みにはなりません。
また、今は強みだが近い将来は強みではなくなるものも本当の強みとは言えません。


●機会と脅威

機会とは「うまく活用できれば業績が拡大する外部環境の変化」で、
脅威とは「放置すると業績が悪化する外部環境の変化」のことをいいます。

業績にプラスになる外部環境の変化は、競争相手にとってもプラス要因になりますので、環境変化を機会に
できるかどうかは、環境変化に対する対応力が競争相手よりも勝っているか、あるいは、競争相手よりも
先に環境変化に対応できるかにかかってきます。


●クロスSWOT分析
前述までのSWOT分析をベースとして強み・弱みの内部環境と機会・脅威の外部環境をクロスさせ、
様々な戦略を検討する手法です。たとえば以下のような検討が考えられます。

「強み×機会→積極的攻勢」・・・ 強みに、機会をぶつけ、機会を最大限活用する
「強み×脅威→差別化戦略」・・・ 脅威でも、自社の強みをぶつけて機会にするまたは脅威を回避する
「弱み×機会→弱点を強化」・・・ 自社の弱みを機会で改善する又は弱みで機会を逃さないようにする
「弱み×脅威→自社防衛策」・・・ 最悪の事態を回避する取り組みをする


経営分析はなれないと難しいものですが、経験によって精度が上がると思います。いろいろなものに
トライし、戦略オプションを確立して頂けたらと思います。

投稿者 税理士法人 K&K Japan | 記事URL

カレンダー

2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31