お役立ちブログ

2012年10月31日 水曜日

所得税法の改正(特定支出控除制度の拡充)

監査1課の冠です。
初めて投稿します。

来年から適用される所得税法の改正のうち、特定支出控除制度の拡充について、その概要をご紹介します。

<制度の概要>
給与所得者が特定支出をした場合において、その特定支出の額の額の合計額が一定額(※)を超えるときは、その超える部分の金額を(給与所得控除額に加算して)給与等の収入金額から控除することができる制度です。

(※)その年の給与等の収入金額が1,500万円以下の場合
                                                ...その年の給与所得控除額の1/2の金額、
   その年の給与等の収入金額が1,500万円を超える場合 ...125万円

<手続き>
確定申告します

<拡充された特定支出の範囲>
1.職務の遂行に直接必要なものとして給与等の支払者により証明がされた      弁護士、公認会計士、税理士等の資格取得費
2.次に掲げる支出で、その支出がその給与所得者の職務の遂行に直接必要      なものとして給与等の支払者により証明がされたもの
①書籍、新聞・雑誌その他の定期刊行物、その他不特定多数の者に販売することを目的として発行される図書
②制服・事務服・作業服、その他給与等の支払者により勤務場所において着用することが必要とされる衣服
③交際費・接待費その他の費用で、給与等の支払者の得意先、仕入先その他職務上関係のある者に対する接待等のための支出

詳細につきましては、以下をご参照ください。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1415.htm

...納税者にうれしい改正になりますので、活用できる部分は、大いに活用したいものですね。

投稿者 税理士法人 K&K Japan | 記事URL

2012年10月30日 火曜日

売掛金から差し引かれる振込手数料

初めまして。監査1課の小出です。

今回は消費税の簡易課税制度の適用を受けている場合の、売掛金から差し引かれる振込手数料についてです。

売掛金が100,000円で振込手数料が420円の場合には、入金されてくる金額は99,580円となります。

請求金額から差し引かれる振込手数料は「売上値引」と考えられるため、継続適用を条件として売上高から控除することが出来ます。
その場合には差し引かれた振込手数料部分を「売上値引」として処理することができます。

簡易課税制度の適用を受けている場合には、消費税額の計算は事業区分ごとの課税売上高を基礎として行われることとなります。そのため、振込手数料を控除した方が課税売上高は少なくなるため納付税額を確実に減少させることが出来るため有利です。

振込手数料そのものは少額ですが、積み重ねることで確実に節税することが可能です。

投稿者 税理士法人 K&K Japan | 記事URL

2012年10月29日 月曜日

特例有限会社のメリット

こんにちは!
初めて書かせていただきます。須藤です。

先日、当税理士法人の関与先で株式会社への組織変更を検討している特例有限会社がありました。
株式会社に変更することで会社の信用力を高めたかったからだそうです。
有限会社とは会社法施行前に認められていた会社組織です。その後有限会社法は廃止されましたが、以前より有限会社だった会社は特例として、そのまま以前の制度が適用される形での会社の存続が認められました。今後、新たに有限会社を新設することはできません。

有限会社の主なメリットは下記のとおりです。
・ 役員の任期に制限がない
 株式会社の任期は最長で10年です。役員に変更があまり生じないような場合、株式会社だと任期を迎えるたびに、登記費用と手間がかかります。
・ 決算公告義務がない
株式会社は決算の都度、決算諸表を公告しなければならないことになっています。

有限会社のままでいた方がお得な場合もありますので、よく検討しましょう。

投稿者 税理士法人 K&K Japan | 記事URL

2012年10月26日 金曜日

節税対策に福利厚生の充実を検討しませんか?

初めまして。
監査2課の寺内です。

会社の業績が好調で、利益が生じた場合、何か有益な節税対策がないか
お困りになったことはありませんか?

今回は、その対策の一つとして、中小企業退職金制度をご紹介します。

【とある中小企業の社長との会話より】

  社長「今年は、○○商品が大ヒットして、従業員を増やしたのだが、
        その従業員に対して有益な福利厚生は無いか?」

  弊社「ございます。中小企業退職金制度(中退共制度)というものがあります。」

  社長「中退共制度か。どんな制度なんだ?」

  弊社「中退共制度とは、事業主が独立行政法人 勤労者退職金共済機構
           と退職金共済契約を締結し、中小企業の従業員の退職金を
          会社に代わって支払ってくれる制度です。
          国が、従業員の退職金を管理しますので安全かつ確実です。」

  社長「それは、便利な制度だね。もう少し詳細を教えてくれないか?」

  弊社「では、中退共制度のメリットをご紹介致します。」
     ①掛金月額の選択が16種類の中から可能です。
       5,000円~30,000円までの中から従業員ごとに選択することが
             可能です。
       また、パート従業員も加入が可能です。
     ②掛金の一部について国から助成が受けられます。
       新規加入については、掛金月額の1/2(従業員ごとに上限5,000円)を
       加入後4カ月目から1年間、助成が受けられます。
       増額した場合については、増額分の1/3を増額した月から1年間、
             助成します。
      ※ただし、18,000円以下の掛金を増額する場合に限ります。
     ③支払う掛金は必要経費又は損金になります。
       税法上、必要経費として認められますので、節税対策に有効です。
             また、掛金につきましては、1年分をまとめて支払うことも可能です。
       この場合、月額で支払うよりも掛金が割安になります。
     ④掛金の管理が簡単です。
             支払いは口座振替ですので、手間がかかりません。
             また、毎年、従業員ごとの納付状況や退職金試算額を
             お知らせしてくれます。
     ⑤退職金の支払いは直接退職者へ。
       中退共から直接、退職者に支払われます。
       また、本人の希望により分割して受け取ることができます。
     ⑥中退共と提携しているホテル、レジャー施設等を割引料金で
             利用可能です。
       加入者については、ホテルは、3%~45%、
       レジャー施設等は、3%~50%の割引料金で利用が可能です。

  社長「とても素晴らしい制度じゃないか。今すぐにでも加入しよう。」
  
  弊社「お待ち下さい、社長。ところが、デメリットもありますので、
           その事もお聞きになってから検討してみて下さい」
      ①役員の方は加入できません。
       ※ただし、使用人兼務役員の方は、加入できます。
      ②加入期間が、短期間の場合には、支払った掛金よりも多くの退職金を
         受取ることができません。(3年7ヶ月以上の加入期間が必要です)
      ③退職事由に関わらず、退職金が支払われます。
        ※懲戒解雇の場合でも支払われます。

  社長「分かった。制度の特徴を考慮して、加入するか検討するよ。」

  弊社「何かご不明な点がありましたら、いつでもご相談下さい。」
      
     
     今回、中退共制度の概要について、簡潔にご紹介させて頂きました。
     従業員の方々への退職金準備資金の確保及び節税対策として
     検討してみてはいかがでしょうか?

   詳細につきましては、中退共HP http://chutaikyo.taisyokukin.go.jp/index.html
     をご覧下さい。

投稿者 税理士法人 K&K Japan | 記事URL

2012年10月25日 木曜日

社会保険手続きについて

今回は、社会保険制度についてご紹介いたします。


社会保険とはどんな保険?

→社会保険とは、健康保険と厚生年金保険、2つの保険制度を総称した保険になります。

 それぞれの保険の特徴を説明すると・・・

①健康保険   ・・・労働者(又はその被扶養者)の業務外の事由による病気、怪我、死亡、出産等について保険給付を
             行う保険。

②厚生年金保険・・・民間企業の会社員を対象に、国民年金(基礎年金)に上乗せして支給される保険。


となっております。


法人を新しく設立した場合、全ての法人が基本的には社会保険制度に加入しなければならない事になっています。
(強制適用事業所と呼びます。)


法人を新規に設立した場合の手続きを記載したいと思います。


① 会社を設立してから5日以内に最寄りの年金事務所に「健康保険・厚生年金保険新規適用届」を提出する事になります。

② 従業員を雇用した場合には、雇用した日から5日以内に最寄りの年金事務所に「健康保険・厚生年金保険被保険者資格取得
   届」を提出する必要があります。


上記書類を提出すれば、会社も従業員も社会保険加入者となります。

忘れてしまいがちな手続きですが、キチンと書類を提出する様にしましょう。





投稿者 税理士法人 K&K Japan | 記事URL